ホーム > 企業情報 >  主要設備

FACILITIES主要設備

世界初の2万トン自動プレスラインや、世界最大級の4万トン精密プレス機、連続真空加熱炉など、HISAKAならではの設備機器を開発・導入。
その他にも製造工程をサポートする最新設備を多彩に備え、高精度・高品質の製品づくりを実現しています。また、染色・食品試験室では、時代をリードする最新技術を発信しています。

熱交換器事業

世界初「2万トン自動プレスライン」操業開始 (2007.6.1)

4万トンプレスライン、2万トンプレスライン、4000トン自動小型プレートプレスラインで、拡大するプレート需要に対応しています。2007年6月には、世界初の大型プレート用2万トン自動プレスラインを導入・稼働。従来の1.5倍の生産性を実現。プレス金型の自動交換システムを備えたプレスラインで高効率の生産体制を確立しました。また、HISAKAでは設計からプレス加工まで、一貫した生産体制で高性能伝熱プレートを製造しています。また、金属の塑性加工技術に必要不可欠な金型の設計、製作も自社で行っています。その特殊技術が、LNGプラントで活躍している幅1.3m・長さ3.5m・厚さ0.4〜0.6mmの世界最大のチタンプレートの製造を可能にしました。

  • 2万トン自動プレスマシン

    ▲2万トン自動プレスマシン

  • 4万トンプレスマシン

    ▲4万トンプレスマシン

    画像をクリックすると拡大されます。

最新のブレージング技術を発揮するための連続真空炉

ブレージングプレート式熱交換器(BHE)は、銅やニッケルなどのロウ材とステンレスプレートを同時積層プレスしたものを、連続真空炉でロウ付け(ブレージング)します。この連続真空炉の大きさと生産性は世界最大級で、HISAKAの最新のプレス技術とブレージング技術によって開発されたBHEの高効率生産にその威力を発揮しております。

  • 連続真空加熱炉

    ▲連続真空加熱炉

    画像をクリックすると拡大されます。

生活産業機器事業

圧力容器自動溶接技術

日本で最初にステンレス用高精度自動溶接機を開発、圧力容器の自動溶接を実用化しました。その自社技術に新しい技術を付加、スーパーステンレスなどの新材料にもタイムリーに対応できる加工技術開発を進め、品質の高い食品機械・染色仕上機を提供しています。

世界の食品・染色試験室-顧客ニーズの達成に寄与

HISAKAの染色・食品機械分野は「顧客とのコラボレーション」「顧客ニーズの先取り」をコンセプトとして成長してきました。染色試験室では、世界を凌駕したファッションや新合繊の多くの加工技術が誕生。食品試験室からは、食品添加剤(防腐剤)の禁止にいち早く対応し、数多くのレトルト食品の基礎となる調理殺菌レシピが発信されました。現在もHISAKAの試験室は、世界の染色・食品試験室として成長を続けています。

  • 染色試験設備

    ▲染色試験設備

  • 食品開発試験室

    ▲食品開発試験室

    画像をクリックすると拡大されます。

クリーン機器専用組立エリア

滅菌装置をはじめ医薬業界向けなどで高い清浄度を要求される装置の組立専用スペースです。クリーン機器専用組立エリアで組立てられた医薬用機器は、安全性と信頼性をさらに高め、医薬業界に貢献します。

  • クリーン機器専用組立エリア

    ▲クリーン機器専用組立エリア

    画像をクリックすると拡大されます。

バルブ事業

マルチタスク加工機

ボールバルブの製造では、24時間無人運転のマルチタスク加工機を導入することにより、製品の短期納期化を可能にしました。

  • 効率加工機

    ▲マルチタスク加工機

    画像をクリックすると拡大されます。

縦型5軸複合加工機

500Aまでの大口径バルブ本体加工を行う数値制御式複合加工機です。縦型旋盤とマシニングセンタの特徴を併せ持ち、旋削・ミーリング・ドリリング・タッピングなどの加工を行います。5軸制御によりワークをチャッキングした状態で多面加工が可能であり、加工寸法精度の向上とワークの工程間移動・待ち・仕掛状態・段取り交換などのムダを削減し高効率生産を実現しました。

  • 縦型5軸複合加工機

    ▲縦型5軸複合加工機

    画像をクリックすると拡大されます。

ページトップへ戻る