Corporate Social Responsibility

HISAKAのCSR

2006年に日阪の経営理念・行動憲章に日阪のCSR活動についての基本精神を制定し、全社的なCSR活動を開始しました。
2016年にCSR活動をより社内に浸透させるため、CSR推進準備室を設置し、2017年からはCSR推進室として活動をスタートしています。

CSRの基本方針

(1) 当社等が目指すCSR像を明確にし、CSRに基づいた事業活動の進展を図る。
(2) 行動憲章・行動基準・規範を社員等に周知徹底し、具体的な課題として展開する。
(3) 企業倫理を重視する風土を醸成し、常に主体的に適切な判断を行う。
(4) 環境保護・人権擁護・地域貢献等が企業の社会的使命であると社員等が十分に認識する。
(5) CSRの理念や行動憲章・行動基準・規範の本質を社員等が理解し、会社・組織・個人の存在意義・役割を正しく認識する。
(6) CSRの個別課題について、合理的な理由づけに基づき、適正な優先順位づけと資源配分を行う。
(7) CSR活動について、ステークホルダーに対して戦略的な情報開示・コミュニケーションを実践し、信頼関係を醸成する。

  • CSR活動

    ※カーソルを合わせると説明文が表示されます。

    新事業・新製品
    当社の技術やノウハウを、新たなソリューションに繋げていきます。

    労働安全
    現場等での事故・災害ゼロに向けた取り組みを行っています。

    リスク管理
    ガバナンス・コンプライアンス、倫理、業務等、種々のリスクを定期的に確認・改善しています。

    QC
    製造部門だけでなく、営業や業務支援部門での品質維持向上を目指しています。

    5S
    整理・整頓・清掃・清潔・躾を心がけて業務に取り組んでいます。

    小集団
    業務部門やグループなど、現場での活動を推進しています。

    あうんの呼吸
    お客様の期待を超える商品やサービスを提供し、信頼と安心を獲得します。

    新事業・新製品
    当社の技術やノウハウを、新たなソリューションに繋げていきます。

    労働安全
    現場等での事故・災害ゼロに向けた取り組みを行っています。

    リスク管理
    ガバナンス・コンプライアンス、倫理、業務等、種々のリスクを定期的に確認・改善しています。

    QC
    製造部門だけでなく、営業や業務支援部門での品質維持向上を目指しています。

    5S
    整理・整頓・清掃・清潔・躾を心がけて業務に取り組んでいます。

    小集団
    業務部門やグループなど、現場での活動を推進しています。

    あうんの呼吸
    お客様の期待を超える商品やサービスを提供し、信頼と安心を獲得します。