Recruit

採用情報

採用情報FAQ

  • 日阪製作所はどんな会社ですか?
    「日本」の「大阪」で、「ステンレス加工」の技術を活かし、「ユニーク」な製品を作っている会社です。 日阪は社訓「誠心(まごころ)」を基本理念とする熱エネルギーの効率化、食品・医薬品の安全性、多彩な染め技術などで 社会に貢献する産業機械メーカーです。 また、プレート式熱交換器・レトルト食品の調理殺菌装置・カーシートや衣料の布地を染める液流染色機等、あらゆる産業分野で使用するボールバルブなど複数分野で国内シェア60%以上を占め、高い収益を上げ続けているニッチトップ企業です。
    日阪製作所の社風を教えて下さい!
    アットホームと風通しのよさです。 職場全体で連携を図りながら仕事を進めていくのが日阪のビジネススタイルです。 広々としたオフィスにはパーテーションもなく、情報交換がスムーズに行える職場環境です。 また、言うべき時に「言える」環境が日阪にはあります。役職や上下関係などに左右されることなく、自由な発言が出来ます。そして、社長に直接提案が出来るアットホームさもあります。 営業や技術がそれぞれに力を合わせて取り組むチームワークのよさがありますが、ただ仲が良いというわけではなく、馴れ合いで仕事を行わないというプロ意識もしっかり共有しています。 お昼休憩時には、仲の良いメンバーでキャッチボールを行ったりバレーボールを行ったり・・・ 仕事以外でも社員同士の仲の良さがうかがえます。
    働く場としての日阪製作所はどんなところですか?
    離職率の低い、働きやすい職場です。 大卒新卒者が入社3年以内に退職する割合は約35%と言われていますが、日阪は1.8%です。 離職率の低い理由は、社員の価値観が異なりますので、「これ」という決め手はありませんが、数字は嘘をつきません。 ちなみに平均勤続年数は、14.7年です。
  • 日阪製作所の強みは何ですか?
    ■ステンレスの加工技術と熱と圧力のコントロール技術を生かしている
    真似できない技術
    ■「衣・食・住・医・環境・エネルギー」の複数分野で高シェア商品保有
    リスク分散
    ■ニッチ市場で充実した生産設備
    他社に参入されにくい
    ■健全な財務体質(自己資本比率80.7% 2016年3月期時点)
    経営の安全性が高い
    仕事のやりがいはどんなところですか?
    手を挙げれば何でもチャレンジできる会社です。 日阪は、若手のうちから責任のある仕事を任せます。 もちろん全ての若手社員がみな同じというわけではありませんが、任せられた仕事を自ら責任を持って完遂することで一層やりがいを感じることが出来ます。 何より、自分のやりたい事に対し、手を挙げればその仕事を任せてもらえることが多い会社ですので、自ら積極的に働くことでビッグチャンスを掴むことが出来ます。 また日阪はメーカーですので、自社の機械や装置がお客様の目に直接触れることはありませんが、自分が設計した装置や手がけた技術が実用化され商品の製造に携わり、コンビニやスーパーなどの店頭で見かけた時、「社会に貢献している!」とやりがいを感じます。
    海外に進出している主力製品はどのようなものがありますか?
    世界的に広く進出しているのは・・・ プレート式熱交換器と液流染色機です。液流染色機は、世界38ヶ国に7000台以上の納入実績を誇っています。他には、レトルト食品の調理殺菌装置が中国とタイに出荷されています。 トータルで世界120ヵ国以上に輸出の実績があります。 液流染色機サーキュラー プレート式熱交換器
マイナビ2018 2018年度入社予定新卒者の方は 「マイナビ2018」からエントリー

※2018年度の新卒採用は終了しました